委員長
古川 浩髙

地域のきずな発信委員会

自然災害大国であるわが国では、南海トラフ大地震をはじめとする自然災害が起こる可能性をかかえ、未曾有の被害を及ぼすことが懸念されている一方で、市民の防災・減災に対する意識やまちの防災体制には、様々な課題が残されているのが現状です。我々自身が住み暮らすまちの現状を知り、市民一人ひとりの自然災害に対する防災・減災への意識の向上とともに防災ネットワークが確立された安全で安心して暮らせるまちづくりが必要です。

まずは、災害時に率先して行動するために、JCメンバーには災害対策の研修をおこなうことで、防災・減災意識の醸成された人材を育成します。そして、自然災害時に組織として速やかに対応するために、このまちのレジリエンスの調査を徹底的におこなうことで、地域に最適な災害対策マニュアルを構築します。さらに、災害発生時に被害を最小限に抑えるために、地域での防災ネットワークを確立し、災害支援活動や情報提供を正確かつ円滑におこなうとともに、日本JC、JCIからの支援を受け入れる体制を整えることで、まちの早期復興へとつなげる環境を整えます。また、日々の生活の中でも日常的に防災意識を向上させるために、防災グッズなどを取り入れ実践することで、防災・減災への意識を醸成させます。そして、堺市・高石市の魅力を幅広く伝播するために、近畿地区大会葛城大会ではブース出展をおこない、地域活性化へとつなげます。さらに、南海トラフ大地震等の突発的に起こる未曾有の災害に備えるために、災害を想定した実体験や様々な情報を伝える機会を提供し、命の大切さと絆の大切さを理解することで、市民の自助・共助の精神を醸成させます。

オピニオンリーダーとして地域を牽引する我々青年会議所の運動が共感を生み、市民一人ひとりの自助・共助の精神を醸成させ、強さ・優しさ・思いやりを兼ね備えた市民が生き生きと暮らせる強固なネットワークが確立された、安心で安全な魅力溢れるまち「堺高石」を実現します。

【事業計画】
・自然災害における防災意識醸成する事業の実施
・LOMの災害時行動指針作成
・災害時における復興支援の窓口
・近畿地区大会葛城大会におけるブース出展
・まちづくり事業におけるJC運動の対外発信

PAGE TOP