委員長
三木 宣二

未来のエースプロデュース委員会

近年、グローバル化や目覚ましい技術革新により、 将来において子どもたちが就く職業が大きく変化していくことが予測されるなか、堺市・高石市でも取り巻く社会環境の厳しさなどから若者や子どもたちの自尊感情が低下し、将来への夢や希望を描けていないのが現状です。このような時代であるからこそ、若く柔軟な発想で夢を描き主体的に社会へとチャレンジし、自ら未来を切り拓くことができる人材を育成していく必要があります。

まずは、一年間の運動を展開する基盤を築くために、年始交歓会にて理事長の想いとLOMの方向性を発信し、我々の運動方針に共感を抱いていただくことにより、魅力溢れるまちづくりに向けて一層の連携強化を図ります。そして、若者や子どもたちが夢を描き貪欲に社会にチャレンジする精神を養うために、ビジネスを身近に感じてもらう機会を創出することで、将来の夢や具体的なビジョンを描き、実現に向けて粘り強く努力する向上心を醸成します。さらに、未来を創る子どもたちが社会で活躍していく気概を創出するために、若く柔軟な発想を活かしたビジネスプランを構築し、多くの人々の前で発表してもらうことにより、自らの長所や短所を認められる自尊感情の高い人材を育成します。また、礼義礼節を重んじ努力することや思いやりなど社会生活に必要な教養を学ぶために、チャレンジする大切さを修学し同年代の仲間たちと真剣勝負をすることができるわんぱく相撲大会を開催することで、他を慮る心を醸成します。そして、JC運動の成果を市民の皆さまと共有するために、対外発信の場で子どもたちの描いた夢を発信することにより、地域の活性化につなげます。

住み暮らすまちのあるべき姿を想い描いて運動を展開する我々は、若い柔軟な発想で明るい豊かな未来に向けて夢を描き、人間力・技術力・経営力を兼ね備えたチャレンジ精神みなぎる子どもたちとともに持続的に成長を遂げ、魅力溢れるまち「堺高石」を実現します。

【事業計画】
・ビジネスコンテストをつうじた青少年育成事業の実施
・わんぱく相撲堺大会・大阪府決勝大会における実行委員会との調整、運営
支援
・年始交歓会の設営
・まちづくり事業におけるJC運動の対外発信

PAGE TOP