委員長
森 真理

メディエイション創造委員会

堺高石青年会議所は60年以上の長きにわたり地域社会に影響を与える運動をおこなってきましたが、地域での認知度の低さや市民から理解を得られていない現状は残されており、時代の変化に合わせた進化が求められています。情報社会である現在、様々な機関と連携し、幅広く正確に情報を提供していくことは必須であり、メンバー一人ひとりが責任を持ち確固たる運営組織のもとで地域から共感を得られる運動を発信することが必要です。

まずは、組織の運営を公正に進めるために、最高意思決定機関である総会の運営・設営を厳粛かつ円滑におこない、方針をメンバー間で共有することで、ゆるぎない組織の基盤を形成します。そして、有効的な議論を交わし運営方針や事業計画を昇華させるために、理事会を含む諸会議では盤石な設営をおこない、組織の運営基盤を確立します。さらに、市民から理解・共感を得るために、マスメディアのみならずSNS等を活用し、JC運動を幅広くリアルタイムに発信していくことで、市民と相互交流できるコミュニケーションデザインを形成します。また、広報の重要性をメンバーへ浸透させるために、これまでの広報活動の手法、効果の検証を徹底的におこなうとともに、ブランディングセミナーを定期的に開催することで、広報活動を強化させます。そして、地域の魅力を伝えるために、大阪ブロック大会松原大会では地域の特色を最大限に活かしたブース出展をおこなうことで、地域の個性とコミュニティーの創出へとつなげます。また、メンバーをねぎらい卒業生を盛大に送り出すために、感動で溢れ思い出に残る卒業例会1部を開催し、一年間の運営を締めくくります。

盤石な組織として確立された堺高石青年会議所の地域との架け橋としての運動は、市民に様々な共感の輪を広げ、人々が住み暮らすまちにアイデンティティを強く持ち、夢や希望を膨らませ生き生きと暮らすことができる魅力溢れるまち「堺高石」を実現します。

【事業計画】
・総会並びに理事会の設営及び運営
・広報ツールを活用したJC運動の内外への情報発信
・ブランディングセミナーの実施
・事務局と連携した組織運営全般
・大阪ブロック大会松原大会におけるブース出展
・卒業例会1部の設営

PAGE TOP