副理事長
萬代 優太

地域の架け橋創造室

世界有数の災害大国であるわが国において、安全の確保がこれまで以上に求められる現在、自助・共助・公助の様々な主体が有機的に連携し、防災・減災への意識を持つことや、様々な情報が錯そうする現代社会において、正確かつスピーディーな情報提供が求められています。青年会議所として社会的背景の変化に合わせ進化し、盤石な運営の下で責任世代である我々が地域のオピニオンリーダーとなり問題解決へと取り組むことが必要です。

まずは、突発的に発生するあらゆる災害に備えるために、地域の危険性を知りレジリエンスの調査を実施することで現状の把握と問題点を追究し、青年会議所としての役割を明確にします。そして、災害時において被害を最小化するために、自らの身を守る自助の精神、共に助け合いのできる共助の精神を学ぶ機会を創出することで、市民に防災・減災の意識を醸成します。また、防災・減災の正確かつ円滑な情報提供をおこなうために、公的機関と連携し、地域の防災ネットワークを確立します。さらに、災害発生時に地域の先頭に立って行動するという役割を果たすために、地域の窓口となりJCIや日本JCの支援を受ける体制を整えることで、まちの早期復興に取り組みます。そして、JCとして運動と運営のバランスが取れた組織へと昇華するために、規律正しく円滑な諸会議の運営をおこない、より高い運動発信ができる組織づくりをおこないます。また、多くの市民から理解と共感を得るために、人とひとをつなぐコミュニケーションデザインを確立し、時代の進化に合わせた効果的な広報戦略を立案することで、JC運動を広角に発信していきます。

地域のオピニオンリーダーが集結する堺高石青年会議所の盤石な運営組織からなる運動発信により、このまちに住み暮らす人びとの間に強い共感の輪が生まれ、常に変化し続ける現代社会でしなやかに対応できる安全で安心な魅力溢れるまち「堺高石」を実現します。

PAGE TOP